アコムの知恵袋

アコムの30日間金利0円(無利息)サービスとは?デメリットも解説

アコムの30日間金利0円(無利息)サービス

 

アコムは大手の消費者金融会社で、利用者数も多いカードローンです。特に、20代の若年層にも積極的に新規貸付をすることが決算書からもわかっています

 

 

本記事では、アコムの30日間金利0円(無利息)サービスと、メリットだけでなくデメリットについて解説をします。

 

 

 

 

アコムの30日間金利0円(無利息)サービスの内容とは?

まずは、アコムの30日間金利0円(無利息)とはどういったサービスなのか解説をします。

 

 

アコムの公式ホームページでは、以下のように記載されています。

 

 

ご契約から30日間は金利0円でお借入していただくことができるサービスです。「ご契約日の翌日」から30日間が金利0円適用期間となります。

 

つまり、最大30日間金利がかからずお金を借りることが出来るのです

 

 

資金使途が自由なカードローンは、金利が高いのが一般的ですのでかなりお得なサービスと言えるでしょう。

 

 

ちなみにアコムの上限金利は、18.0%です。銀行カードローンに比べると高い金利になりますが、30日間金利0円(無利息)サービスが適用されると、銀行カードローンよりもお得に借りることが可能です

 

 

ただし、金利0円適用期間終了の翌日から通常金利(貸付利率[実質年率]3.0%〜18.0%)が適用されることは頭に入れて、計画的に借入れを行いましょう。

 

 

アコムの30日間金利0円(無利息)サービスの適用条件は?

契約をした全ての方が利用できるわけではなく、次の条件を全て満たした方が30日間金利0円(無利息)サービス適用を受けることが出来ます。

 

 

・アコムでの契約がはじめての方

 

・返済期日「35日ごと」で契約された方

※アコムが不適当と判断した場合は対象外となる可能性もあり。

 

※無担保カードローンが対象。その他の契約(クレジット・借換えローンなど)は対象外。

 

 

特に難しいことは何もありません。ですので、ほぼ全ての方が適用を受けられると言って差し支えないでしょう。

 

 

アコムの30日間金利0円(無利息)サービスのデメリットは?

アコムの30日間金利0円(無利息)サービスのデメリット

 

アコムの30日間金利0円(無利息)サービスは、他社の無利息期間サービスと比較して、ひとつだけデメリットがあります。

 

 

それは、30日間の無利息期間が「契約日翌日」から30日間という点です。

 

 

つまり、利用してもしなくても、契約日翌日から無利息期間はどんどん減算されていくのです

 

 

契約日に利用する予定があれば何ら問題はありませんが、もし、契約日以降しばらく利用する予定はないということであれば、無利息期間サービスを最大限利用することが出来ないことを頭に入れておきましょう。

 

 

このデメリットが気になる方は、無利息期間が「初回利用日」翌日から30日間となるSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスがオススメです

 

 

プロミスなら、無利息期間は初回利用日翌日から適用となるので、契約後すぐに利用する予定がなくても、無利息期間を最大限利用することが可能です。


トップへ戻る