カードローン、キャッシング全般の知恵袋

カードローンで「いつもより多く返済」ってどういうこと?上手な返済方法は?

カードローンを多く返済

 

カードローンは、いくつかの返済方法があります。

 

 

いろいろな返済方法を上手く組み合わせていくことが返済を早めるコツです

 

 

本記事では、カードローンの返済方法の解説と、上手に返済する方法を紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

 

カードローンの返済方法の種類

まずは、カードローンの返済方法について解説をします。

 

 

カードローンの返済方法は主に以下の4つの方法があります

 

 

@ローンカードを使ってATMから入金して返済する

カードローンでは、この返済方法が一番ポピュラーでしょう。

 

 

専用のローンカードを使って、ATMや提携ATMにて入金して返済をします。自分の都合の良いタイミングで返済出来ますが、返済日をうっかり忘れてしまったり、ATMまで出向かないといけないのがデメリットでしょう。

 

 

A口座引落し

指定口座からの自動引落しで返済する方法です。ローンカードを使った返済方法の次にポピュラーな返済方法です。

 

 

メリットは、返済日忘れをしても、口座に残高さえあれば返済が出来ることが挙げられます。デメリットは、通帳に引落しの記録が残ってしまうことでしょう。

 

 

Bネットバンキングから返済

ネットバンキングからの振込返済も最近増えて利用する人が増えてきました。

 

 

提携しているネットバンクからだと返済手数料が無料というカードローンもありますのでメリットは大きいです。

 

 

また、わざわざATMまで行かなくてよいというのも手間がかからないのでメリットです。

 

 

C銀行振込

銀行振込も場合によってはメリットが大きい返済方法です。

 

 

自宅や職場など行動範囲にATMがない場合は、銀行振込が便利です。いつも利用している銀行なら返済もしやすいでしょう。

 

 

ただし、普通預金口座からダイレクトに振込をすると、通帳に振込の記録が残ってしまいます。通帳に振込履歴を残したくない場合は、普通預金口座から直接振込ではなく、現金で振り込むようにしましょう。

 

 

カードローンの返済を上手にするポイント

主な返済方法を紹介しましたので、次は返済を上手にするポイントを解説します。

 

 

カードローンを借りるのはいいけど、返済が出来るか不安・・という方は参考にしてください。

 

 

@余裕があるときは繰上げ返済をする

カードローンは、いつでも簡単に繰上げ返済が出来ます。

 

 

いつでも繰上げ返済が出来るメリットを活かして、余裕がある月はどんどん繰上げ返済をしましょう。

 

 

カードローンの約定返済額は、かなり低い金額に設定されています。家計に負担をかけずに返済出来るのはメリットですが、なかなか元金が減らないことがデメリットと言えます。

 

 

支払い利息を少しでも減らすために、繰上げ返済を積極的に利用しましょう

 

 

A返済手数料無料のATMを利用する

返済手数料無料のATMを利用しましょう。返済手数料は数百円ですが、回数を重ねれば大きな額になります。

 

 

面倒くさがらずに積極的に利用しましょう。

 

 

<各社の返済手数料一覧>

会社名 提携コンビニATM、提携銀行ATMでの返済時の手数料の有無
SMBCモビット

利用者負担
三井住友銀行提携ATMのみ無料

プロミス

利用者負担
三井住友銀行提携ATM(プロミスATM・三井住友銀行ATM)のみ無料

アコム 利用者負担
アイフル 利用者負担

 

 

以上の2点がカードローンの返済を上手にしていくポイントです。

 

 

ちょっとの手間でお得に返済することが出来るので知っておいてください。


トップへ戻る