カードローン、キャッシング全般の知恵袋

ネットバンクのカードローンの金利はなぜ低いの?金利を低く出来る理由とは?

ネットバンクのカードローンの金利が低い理由

 

立て続けの出費で金欠になってしまった、結婚式のご祝儀で生活費がピンチ・・などなど。

 

 

カードローンでお金を工面しようとカードローンを探した方はいるでしょう。その中でネットバンクのカードローンの金利が他社に比べて低いのはなぜか疑問に思った方はいませんか?

 

 

本記事では、なぜネットバンクのカードローンの金利が低いか解説をします。金利が低いメリットも解説しますので参考にしてください

 

 

 

 

ネットバンクのカードローンの商品一覧

まずは、ネットバンクのカードローン一覧を紹介します。

 

 

会社名 カードローン名 金利(年率) 利用限度額
住信SBIネット銀行 MR.カードローン 0.99〜14.79% 10〜1,200万円
楽天銀行 スーパーローン 1.9〜14.5% 10〜800万円
ジャパンネット銀行 ネットキャッシング 2.5〜18.0% 10〜1,000円
じぶん銀行 じぶんローン 2.2〜17.5% 10〜800万円
オリックス銀行 オリックス銀行カードローン 1.7〜17.8% 最高800万円

 

 

上記のネットバンクのカードローンで注目したいのは、下限金利の低さです

 

 

どのカードローンも3%以下の金利となっており、金利を重視して借りたい方にはオススメですね。特に、住信SBIネット銀行MR.カードローンの下限金利は0.99%と激低となっています

 

 

カードローンで1%を切る金利はそうそう見られません。トップクラスの低金利と言えるでしょう。

 

 

ネットバンクのカードローンが金利を低く出来る理由とは?

では、なぜネットバンクのカードローンは金利を低く設定できるのでしょうか。

 

 

金利を低く設定できる理由について解説をします。

 

 

@利用限度額が高い

ひとつは利用限度額が高いことが挙げられるでしょう

 

 

金利は、利用限度額が高くなればなるほど低くなります。住信SBIネット銀行のMR.カードローンの利用限度額は最高1200万円、楽天銀行のスーパーローンは最高800万円と高額になっています。

 

 

一般サラリーマンの所得で最高の利用限度額になることは現実的ではありませんが、金利が低いことは返済するにしても利息負担が少なくなり大きなメリットとなります。

 

 

A徹底的なコスト削減を金利減に還元している

ネットバンクはインターネット専業銀行としています。一部店舗を展開しているネットバンクもありますが、メガバンクや地方銀行の店舗数に比べれば、圧倒的に経費を少なく展開しています。

 

 

当然、設備投資や人件費も削減することができ、その分カードローン等の商品に顧客のメリットとなるよう力を注ぐことが出来るのです

 

 

金利が低い分、審査が厳しいというウワサも・・

ここまで、ネットバンクのカードローンは金利が低くてメリットがあるということ、低金利に設定できる理由について解説をしました。

 

 

しかし、ネットバンクのカードローンは金利が低いため、審査が厳しいというウワサもあります

 

 

審査内容や基準は公開されていませんので、真偽のほどは定かではありませんが、消費者金融会社の審査通過率に比べると審査が厳しいというのはあり得るかもしれません。

 

 

消費者金融会社の上限金利は18.0%程度が水準です。それよりネットバンクは圧倒的に低い金利ですので、審査基準に違いはあるでしょう

 

 

ただし、高所得じゃないと審査に通らないわけではありません。様々な審査内容から総合的に判断して借入れ可能かどうかは審査されます。

 

 

ネットバンクのカードローンへ申込みを検討している方は参考にしてみてください。


トップへ戻る