プロミスの知恵袋

プロミスを徹底解説!申込み資格や金利、メリットデメリットも検証

プロミスの解説

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスは、大手消費者金融会社で、知名度も貸出実績も抜群の人気のカードローンです

 

 

利用者数も多く、当サイトでもオススメしたいカードローンのひとつです。

 

 

本記事では、プロミスの基本的な情報はもちろん、なぜ利用者数が多いのかメリットも解説します。

 

 

プロミスへの申込みを考えている方はぜひ参考にしてみてください。また、メリットだけではなく、しっかりとデメリットも検証します。数あるカードローンの中で自分に合ったカードローンを選ぶヒントにしてください。

 

 

 

 

プロミスの申込み資格と資金の使い道は?

プロミスの申込み資格について解説します。まずは、自身が申込み資格を持っているのか確認してみましょう。

 

 

<プロミスの申込み資格>

資金の使い道 生計費に限る。(ただし、個人事業主の方は、生計費および事業費に限る)
申込みの対象年齢 年齢20歳以上、69歳以下
申込み条件

本人に安定した収入のある方。
※主婦、学生の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合は申込み可能。

 

 

申込み資格は上記の通りです。主婦(専業主婦は除く)や学生の方でも、パートやアルバイトをしていれば申込み可能な点は嬉しいですね。

 

 

この条件から考えると、正社員のように年収が300万円以上ないと審査には通らないという基準はありません。

 

 

審査をパスする為に大切なのは、「収入と支出のバランス」です。いくら収入が多くても、支出も多ければ返済能力が低いと審査で判断されてしまいます。

 

 

逆に、収入が低くても、他社ローンの返済がなく、毎月確実に返済出来るのであれば審査に通過する可能性は高くなります。

 

 

年収が低いから審査に通らないわけではありませんので、パート、アルバイト収入の方も安心して申込みをしましょう

 

 

ただし、リゾートバイトや年末のお歳暮の仕分け、年始の年賀状配達など、期間限定のアルバイトは「毎月安定した収入」には含まれません。申込み対象には該当しないため、注意が必要です。

 

 

また、資金の使い道は個人の方(給与所得者)であれば「生計費」のみ定義されています。ただし、生計費とは言っても広義に捉えて大丈夫です。

 

 

下記の例に挙げたように、広範囲に利用出来ます。

 

 

<プロミスの使い道の一例>

娯楽、交際費
生活費
車の購入、車検、メンテナンス費用
教育費用
結婚式の費用 etc.

 

 

個人事業主の方は、生計費だけではなく、事業費に使うことも可能です。生計費と事業費の仕分けが必要ないのは便利ですね。

 

 

急な事業資金にもすぐに対応すること出来ます。

 

 

プロミスで借りる

 

 

プロミスの借入利率と利用限度額は?

プロミスの借入利率と利用限度額について解説します。

 

 

<プロミスの借入利率と利用限度額>

借入利率 (実質年率)4.5%〜17.8%
利用限度額 500万円まで

 

 

金利は4.5%〜17.8%と、消費者金融会社の中では平均的な水準です。金利は所定の審査によって決定されます。

 

 

同じく大手消費者金融会社のSMBCモビットの上限金利18.0%に比べて、0.2%低くなります。SMBCモビットとプロミスで悩んでいる方は金利が低いプロミスを選ぶのが得策でしょう

 

 

また、利用限度額が高くなればなるほど金利は低くなりますが、初回適用の金利は17.8%と考えておいた方がよいでしょう。

 

 

ただし、契約後の利用実績や年収の増加によって、借入利率が引き下げになる場合もあります

 

 

利用限度額は500万円までとなっており、カードローンとしては十分な限度額です。ですが、一般的な年収のサラリーマンであれば、初回適用から500万円になることはまずあり得ません。

 

 

現実的に考えると、100万円以内の利用限度額になる方がほとんどでしょう。

 

 

また、利用限度額も、借入利率と同様に契約後の利用実績や年収の増加によって、増枠となる可能性があります

 

 

プロミスの返済日と毎月の返済額は?

プロミスの返済日と毎月の返済額について解説します。

 

 

<プロミスの返済日>

返済期日 5日、15日、25日、末日の中から選択。ただし、三井住友銀行またはジャパンネット銀行以外の金融機関からの口座振替による返済を希望する場合、返済期日は5日。
追加返済 随時

 

 

5日、15日、25日、末日から選択することが出来ます。給料日に合わせて都合が良い日を選択できるのは大きなメリットでしょう。カードローンによっては、返済日が選べない場合もあります。

 

 

また、お金に余裕がある月は随時の追加返済も可能です。追加返済が出来ることはカードローンのメリットで、計画的に返済をすることが出来ます。

 

 

<プロミスの返済金額の算出方法(毎月の返済額)>

借入後残高 返済金額 返済回数
30万円以下 借入後残高 × 3.61% (1,000円未満切り上げ) 〜36回
30万円超過〜100万円以下 借入後残高 × 2.53% (1,000円未満切り上げ) 〜60回
100万円超過 借入後残高 × 1.99% (1,000円未満切り上げ) 〜80回

 

 

プロミスの毎月の返済金額は、最終借入後の借入残高に応じて変動する「残高スライド元利定額返済方式」です。毎月の返済金額以上であれば、都合に合わせて、多く返済することも可能です。

 

 

上記の返済金額の算出方法ではわかりずらいので、返済額を計算したのが以下の早見表です。

 

 

<借入残高別の最低返済額早見表>

借入残高 最低返済額
5万円 2000円
10万円 4000円
30万円 11000円
50万円 13000円
100万円 26000円
150万円 30000円
200万円 40000円

 

 

最小返済額は2000円からとなっています。他社と比べても少ない返済額です。借入元金がなかなか減らないといったデメリットが考えられますが、毎月無理なく負担が出来ますし、余裕があるときは追加返済も可能です。

 

 

追加返済が出来るので、利息負担を減らし計画的な返済が出来るでしょう

 

 

プロミスで借りる

 

 

プロミスは即日融資が可能?

プロミスは、最短即日融資が可能です。更に、平日だけでなく、土日祝日中に申込みから借入れまで完結することも出来ます

 

 

「週末にどうしてお金が必要・・」という急ぎの方のニーズに答えてくれるのがプロミスです。

 

 

銀行カードローンだと、即日融資は実質不可となりますので、急ぎで借りたい方はプロミスを選ぶべきでしょう。

 

 

プロミスを選ぶメリット

プロミスを選ぶメリットについて解説します。

 

 

<プロミスを選ぶメリット>

・急ぎで借りれる(最短当日融資も可能)

 

・土日祝日も申込みから契約まで可能

 

・審査スピードが早い

 

・申込みから借入れまでスマホのみで完結出来る

 

・知名度が高い

 

・パート、アルバイトの方も申込み可能(主婦、学生も可)

 

・初回利用日翌日から30日間の無利息期間あり(※)

 

・ポイントサービスあり(提携ATM手数料が無料に。一定期間無利息に。)

 

・ローンカードなし(カードレス契約も可能)でATMから出金できる

※メールアドレス登録とweb明細利用の登録が必要

 

 

たくさんのメリットがプロミスにはあります。一番のメリットは、借入れまでの時間が早いこと、土日祝日も最短当日融資が可能な点でしょう

 

 

カードローン業界屈指の融資スピードです。

 

 

また、初回利用日翌日から30日間の無利息期間があることも魅力です。契約日から30日間無利息というカードローンもありますが、この場合、利用しなければ無利息期間は消滅してしまいます。

 

 

その点、プロミスは初回利用日からの無利息期間開始なのが良心的ですね。

 

 

30日間無利息サービスの適用は、メールアドレス登録とweb明細利用の登録が必要です。

 

 

プロミスで借りる

 

 

プロミスのデメリット

メリットが多いプロミスですが、デメリットがまったくないわけではありません。

 

 

一番のデメリットは、金利の高さでしょう。プロミスに限ったことではありませんが、消費者金融会社は銀行カードローンに比べ、金利が高いのがデメリットです。

 

 

短期的な借入れであれば利息の差は小さいですが、100万円単位の大きな金額の借入れ、急ぎお金が必要ではない場合は、金利が低い銀行カードローンを選ぶのが得策かもしれません

 

 

プロミスの保証会社は?

通常、カードローンは保証会社を置きますが、プロミスは保証会社を置いていません

 

 

<カードローンにおける保証会社とは?>

審査を行ったり、返済が滞ってしまったときの督促や、融資後の管理、債権の保証を行います。

 

プロミスが保証会社を置かないのは、プロミス自体が銀行カードローンの保証事業をやっているからです。

 

 

自社内にノウハウや保証事業の体制があるため、保証料を払ってまで保証会社を置く理由がないのです。

 

 

その分、顧客サービスの充実に力を入れています。

 

 

プロミスはどんな人向けのカードローン?

プロミスをオススメしたいのは、急ぎで借りたい方です

 

 

土日祝日も含めて、最短当日融資も可能な点は特筆すべきポイントです。スマホのみで簡単に申込みも出来るので、通勤時間や仕事の休憩時間、家事の合間でもちょっとしたすきま時間で完結出来ます。

 

 

また、急ぎで借りたいけど、利息負担も出来るだけ減らしたいという方にもオススメです。借入利率が高いのがデメリットとお伝えしましたが、初回利用日から30日間の無利息期間があるので、お得に借りることが出来ます。

 

 

30日以内に全額返済出来れば、実質無利息で借りることが可能です

 

 

プロミスで借りる

 

 

プロミスの申込みの流れは?

最短当日融資も可能なプロミスの申込みの流れは以下の通りです。

 

 

@WEB申し込み

パソコンやスマホから必要事項を入力し、申し込みます。

 

A審査結果の通知

メールか電話の希望した方法で審査結果が通知されます。

 

B在籍確認の電話

勤務先に在籍確認の電話が掛かってきます。もし、勤務先への電話確認に抵抗がある場合は、ネットでの申込み後すぐコールセンターへ電話をしましょう。柔軟に対応してくれます。

 

Cネット上で契約手続き

在籍確認後、本契約手続きになります。本人確認書類のアップロードなどをおこないます。

 

Dローンカードの発行、または振込融資

自動契約機でローンカードを発行し、借り入れができます。または、ローンカード無し(カードレス)も選択できます。カード無しの場合は、振込融資です。振込融資で即日に借りたい場合は、銀行営業日の14:00までの手続きが必要なので注意しましょう。

 

即日融資のポイント

平日15時以降や土日祝日も、自動契約機でローンカードを発行すれば借り入れが可能です。

 

 

プロミスで借りる

 


トップへ戻る