プロミスの知恵袋

プロミスは学生でも申し込み出来る!学生がプロミスの審査に通る為のポイントを解説します

プロミスは学生の借入れも可能

 

プロミスは学生の申し込みも受け付けているカードローンです

 

 

遊びや趣味、サークル費用、友達付き合いの旅行など、バイト代だけではお金が足りなくなってしまうこともあるでしょう。

 

 

そんなときはカードローンでお金を工面するのが誰にも迷惑をかけない方法です。借入れは計画性と返済出来る見込みがあることが大前提ですが、プロミスを利用している学生の方はたくさんいます。

 

 

本記事では、学生がプロミスの審査に通る為のポイントを解説しますので、ぜひ参考にしてください。

 

 

 

 

 

 

プロミスに申し込み出来る条件は?

まずは、プロミスの申し込み対象者を確認してみましょう。

 

 

<プロミスの申し込み対象者>

年齢20〜69歳で本人に安定した収入のある方

 

主婦や学生でもパート・アルバイトなど安定した収入のある方は審査のうえ利用が可能

 

 

プロミスの公式サイト上にて、「学生でも利用可能」ということがしっかりと記載されています。

 

 

ただし、学生であっても、20歳以上であること、安定した収入があることが条件です。まずはこの条件をクリアしていることが申し込みの大前提となります

 

 

学生がプロミスの審査に通るポイント@安定した収入とは?

では、「安定した収入」とはどのような定義でしょうか?

 

 

アルバイトにもたくさんの種類があります。1日だけの単発のアルバイトから、3か月程度の中期的なアルバイト、雇用期間の定めのない長期的なアルバイトなど様々です。

 

 

プロミスの申し込み対象者で言う「安定した収入」とは、長期的なアルバイトを意味します。毎月のお給料日が決まっていて、決まった日に毎月収入があることが審査に通るポイントです

 

 

単発のアルバイト、3か月程度の中期的ばアルバイトは安定した収入には当たりませんので注意してください。

 

 

長期のアルバイトで毎月決まった日に安定して収入が入るのであれば、年収のハードルは高くないので安心しましょう。

 

 

5万円程度の月収でも審査に通ったという口コミがインターネット上では多数見られます。プロミスの毎月の返済額は、2000円からとなっており、少ない月収でも十分返済出来る金額です。

 

 

高い利用限度額は期待出来ませんが、学生でも審査に通る可能性は十分にあります。

 

 

学生がプロミスの審査に通るポイントA虚偽申告はもってのほか!

当然のことですが、年収や他社の借入れ情報等の虚偽申告は絶対にしないようにしましょう。

 

 

明らかに不自然な内容だと書類にて確認を求められることもありますし、嘘は通用しません。プロミスに限らず、業者は絶対に見抜きます

 

 

万が一、虚偽申告の内容で審査に通過したとしても、のちのち自分の首を絞めるだけです。申告内容は正確に、丁寧に事実を伝えましょう。

 

 

学生がプロミスの審査に通るポイントBアルバイトの勤務歴は長いほど有利になる

申し込み条件に最低勤務歴の決まりはありませんが、アルバイトの勤務歴は長ければ長いほど審査には有利になるでしょう

 

 

貸す側としても、勤務歴が長ければそれだけアルバイトを続けていることが出来ているので、安定した収入がこれからも見込めると安心出来ますよね。

 

 

ただし、勤務歴が長いことはマストではなくベターですので、大きく審査に影響はしないでしょう。

 

 

以上の3点が、学生がプロミスの審査に通る為のポイントです。申し込みの前に一度確認してみましょう。

 

 

最後に、学生の多くが心配する疑問点について解説をします。学生の多くが「親バレしないのか」を心配します

 

 

プロミスの審査において、両親へ連絡することはないので安心してください。あくまでも申し込み者本人とのやり取りになりますので心配することはありません。

 

 

ただし、アルバイトが親の自営業、会社の手伝いであれば在籍確認は勤務先へされるので注意が必要です。

 

 

在籍確認の電話は会社名ではなく、個人名でかけてきますので、プロミスの社名が親に知られることはありませんが、親に聞かれた際の説明は考えておいた方がよいでしょう。


トップへ戻る